ポールウェラーを愛する人の中には
スタイル・カウンシル時代が好きと言う人は多いです。
(僕は初期衝動のJAM時代が好きです。)

音楽性の幅がスタイルカウンシルから一気に広がったというか
ゴージャス感?が出た?いや、よりシャープに?研ぎすまされた的な?

時代のニーズに合わせたサウンド創りが出来る方だなと。

そのスタイルは現在のソロになっても変わっていません。

上の『Shout to the top! 』は以前とくダネ!のオープニング曲にも
使用されていたので曲自体はかなり有名ですよね。

この曲が出た時代は日本ではバブル真只中でして
当時のオシャレさん達の愛するナンバーの一つであったのです。

話が少しそれますが
僕が学生時代にアルバイトをしていたカフェバーのマスターが
スタイルカウンシルを好きでよく店内でかけていました。

スタイルカウンシルが流れる時はいつもテンションが高い時で
決まって、その頃(バブルの話)の思い出話を
僕やカウンターのお客さんに話していました。笑。

そんな訳で僕はスタイルカウンシルを聴くと
そのマスターを思い出すのです。マスター元気かな。。?

音楽は時代を記憶を写します。残します。


それにしてもバブル。。。一度は味わってみたいです。


え?? もう来ないよって?


だから 『 Shout to the top! 』 なんですよ!


オチも付いた所で。  でわでわ。

Check!!→KRAZY ROD WEBSHOP NEWS